カリスマ不動産投資家が語る。失敗率を限りなく0%に近づけるためのサイト  >  アパート経営の失敗率を限りなく0%にするには  >  アパート経営のリスク・デメリット

アパート経営のリスク・デメリット

投資物件には様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。アパート経営は複数の世帯から家賃収入が得られるというメリットがありますが、当然デメリットもあります。ここでは、アパート経営を考えている人に考慮に入れてほしいリスクやデメリットについて紹介します。

空室リスク

アパート経営の最大のリスクは空室リスクです。どの形態の不動産投資にも言えることですが、空室が多いと収入が減ってしまいます。ローンを組んでアパートを購入する場合、毎月の返済に家賃収入を当てるケースが多く、空室が増えると月々の支払いが苦しくなるでしょう。空室リスクを回避するには入居者にとって魅力的な物件にしなくてはなりません。購入前に立地や需要などを確認し、購入後も建物のメンテナンスをしっかり継続するなど利用者に配慮した運営が必要です。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
空室リスクは不動産投資をする上で避けては通れない問題です。このリスクをできるだけ回避するためには物件購入時に立地条件や需要などをよく見極める必要があります。特にアパートは通勤や通学に便利であるか、家賃が安いかで選ばれることが多く、需要がなくなると家賃を下げるという方法を取らざるを得なくなってしまいます。

金利の上昇・家賃の引き下げリスク

アパート投資をする場合、ローンを組み家賃収入で返済するというケースがほとんど。上記の空室リスクにも関連しますが、月々のローンの返済にはある程度余裕をもって臨みましょう。空室が増えると収入が減って支払いが苦しくなりますが、金利が上昇すると支払い自体が増加します。アパート経営は一般的に長期にわたると考えられ、金利が上昇する可能性は充分にあります。さらに建物が老朽化していくと、家賃を下げざるを得なくなる可能性も。利回りだけを見て資金計画を立てると後々痛い目を見る可能性が高まります。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
アパートを購入する際、ローンを家賃収入で返済していく形をとる人は多いです。長期間の経営を計画している人は必ず余裕のある資金計画にしましょう。もともと経済的に余裕のある人は問題ないですが、ローンを完済するまでは家賃収入が大幅に減る可能性や金利が上昇する可能性を考え、ある程度貯金をしておくなど対策を考えておくとよいでしょう。

家賃滞納・住民トラブルのリスク

アパートには様々な住民が居住します。居住者が増えればトラブルが起きる可能性を常に考慮しなくてはなりません。まず、家賃滞納リスクです。これは空室よりも悪質で、収入が入らないだけでなく次の居住者の募集をかけることもできません。家賃滞納者が生じたら放置せず早めに管理会社に相談して解決しましょう。また、自殺や近隣トラブルの発展による放火や傷害事件が生じる可能性もあります。任意加入であっても万が一のために保険には絶対に加入しておきましょう。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
家賃滞納は非常に厄介な問題です。滞納者をすぐに退去させることはできず、一定期間の猶予と催促や個人間交渉が必要です。特に賃料の安いアパートには経済的な困難を抱えている人も多く、催促しても支払えないなどの問題も出てくる可能性があります。多少費用は掛かっても弁護士に相談するなど対策を講じ、アパート全体の評判を落とさないよう配慮することが大切です。

サイト監修・松谷啓司氏
(株式会社ACE PLUS 代表取締役)
松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

一人ひとりの「幸せ」から
ベストな投資を逆算

「不動産革命で人々を幸せに」をモットーにしている松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)。某不動産会社の営業として売上トップの成績を残し続けてきた経歴の持ち主です。その背景には、顧客一人ひとりとそのご家族の「幸せ」とは何かを考え、それぞれの目的からオーダメイドの投資方法を逆算して提案する松谷氏の強い信念があります。当サイトでは、そんなカリスマ不動産投資家である松谷氏が、不確実性の時代と言われる現代において「失敗率を限りなく0%に近づける方法」を解説してくれました。