カリスマ不動産投資家が語る。失敗率を限りなく0%に近づけるためのサイト  >  アパート経営の失敗率を限りなく0%にするには  >  アパート経営のメリット

アパート経営のメリット

一棟マンションより低い投資額で土地・物件を確保できるアパート。購入後も低コストで維持・管理できるのが特徴です。ここではアパート経営のメリットを3点紹介しつつ、失敗しがちなポイントを松谷氏の見解によって暴いていきます。起こりうるリスクを理解し、失敗しない投資の準備を行いましょう。

自分で間取りや設備を決定できる

アパートは時代のニーズや購入者の希望に沿って建築できるので、入居者を集めやすいというメリットがあります。新築アパートの場合、エリアや土地の条件によって制約があっても、トレンドや人気のある間取りを採用できるので、柔軟な設計が可能。ワンルームマンションの場合、経年とともにリフォームや修繕が必要になった際にはマンションオーナーの許可を得なければなりません。アパート経営なら管理権限が自分にあるため、修繕・設備投資を行うタイミングを自分で決められるのが魅力です。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
アパートの経営は、維持費や修繕費の想定無しでは長く続きません。アパートは住居に欠陥や修繕が見つかった際、その時点でオーナー自ら修繕費用を担保しなければなりません。費用がもったいないからと修繕を怠っていたら、入居者の不満が増えて一気に空室リスクが高まってしまいます。修繕費は余裕をもって設定しておくと不意のトラブルにも対応できます。節約や・大きな収入を重視するよりも、万が一のケースを念頭に置きつつ収支計画を立てましょう。

学生や若年層などを中心に入居者を確保しやすい

アパートはマンションより入居のハードルが低いため、若い世代の入居希望者を確保しやすいというメリットがあります。例えば学生向けのアパートが代表的なものでしょう。大学や大学最寄り駅の近くに物件を確保すると、学生やの入居者を集めやすくなるので、入居者集めの手間が省けます。学生が入居したら最長4年間は家賃の収入が保障されているので、収入面でも安心。また退去のタイミングも決まっているので、事前に入居者募集の対策を行いやすいのも特徴です。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
アパート投資の場合、念頭に置いておきたいのは「空室リスク」です。たとえ学校施設や駅から近い好条件の物件でスタートしたとしても、経年による老朽化は無視できない課題。また、アパートの多くはマンションと異なり騒音が伝わりやすい構造です。学生だと一度注意しても再発する可能性があり、近隣トラブルによって入居者が減ることだってあります。逆に「学生アパート」と言って入居者の条件を思い切って決めてしまう方が、空室リスクをぐんと下げられる場合があります。入居者も学校の関係で一定年数住んでくれるので、収入面に関しても問題ないでしょう。

木造物件の場合、比較的安い価格で購入・修繕できる

アパートは木造物件やコンクリート物件など様々な材質の物件があります。特に木造物件の場合だと、他の構造と比べて比較的安い価格で購入できるので初期費用を大幅に抑えられるのがメリット。土地代や建設費を加味しても1億を超えない範囲で投資ができるので、一棟マンションより投資がしやすいのがメリット。将来的に起こりうる建物や設備の老朽化に備え、こまめにメンテナンスしなければいけません。しかしマンションと異なり、エレベーターやオートロックなどの電子、設備がないため、大幅に修繕コストの削減が期待できます。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
木造アパート物件は、災害時の耐久性や入居需要が懸念点です。安価で購入できるということ=居住需要が低い可能性があるので、新居ならともかく中古なら購入後の入居者集めを工夫しなければいけません。このような場合、リフォーム・修繕費に多額を割くと結果的に長く経営できるでしょう。入居者第一の収支計画が成功の秘訣です。

サイト監修・松谷啓司氏
(株式会社ACE PLUS 代表取締役)
松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

一人ひとりの「幸せ」から
ベストな投資を逆算

「不動産革命で人々を幸せに」をモットーにしている松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)。某不動産会社の営業として売上トップの成績を残し続けてきた経歴の持ち主です。その背景には、顧客一人ひとりとそのご家族の「幸せ」とは何かを考え、それぞれの目的からオーダメイドの投資方法を逆算して提案する松谷氏の強い信念があります。当サイトでは、そんなカリスマ不動産投資家である松谷氏が、不確実性の時代と言われる現代において「失敗率を限りなく0%に近づける方法」を解説してくれました。