カリスマ不動産投資家が語る。失敗率を限りなく0%に近づけるためのサイト  >  不動産投資のエキスパートが語る、初心者のための失敗しない不動産投資講座

不動産投資のエキスパートが語る、初心者のための失敗しない不動産投資講座

不動産投資は比較的リスクが少なく、一般的なサラリーマンでも簡単にはじめることができる投資方法。株や仮想通貨のように大暴落の心配がなく、安定した収入が魅力です。しかし、そんな不動産投資でも利益が上がらずに投資を諦めてしまう人が少なからずいるのが事実。ここでは、失敗しない投資を行なうために必要な知識を不動産投資のエキスパートが解説します。

初心者でも失敗しない不動産投資の基礎知識

Vol.1 多くの初心者が不動産投資で失敗する仕組みとは

初心者の方だと、不動産投資で収入を得る仕組みや発生するリスクへの理解が足りないために、失敗してしまうことが多くあります。不動産投資で収入を得る方法は1つだけではありません。一般的には第三者に賃貸して家賃収入を得る「インカムゲイン法」が有名ですが、低価格時に購入した物件を価格が高騰してから売却したりする「キャピタルゲイン方式」も有効です。利益を得るには仕組みをきちんと理解して、適切な投資方法を選ぶのが重要になるでしょう。具体的にはどのような点が失敗につながりやすいのでしょうか?詳しくまとめました。

不動産投資で失敗する仕組み
について詳しく見る

Vol.2 種類別に見る。不動産投資の失敗パターン

不動産投資における失敗にはいくつかパターンがあるもの。大きくは区分マンションなのか一棟マンションなのかといった物件の種類によって分けることができます。物件ごとに考えられるリスクが異なり、それぞれを把握しておくことが成功の近道になるでしょう。中古マンション購入後に予想外の修繕費が発生してしまったり、思うように入居者が集まらなかったり…。物件のリスクから考えられる失敗のパターンを確認し、対策を考えることでリスクを軽減できます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

種類別の失敗パターン
について詳しく見る

Vol.3 不動産投資の失敗率を低くする、必要な知識・スキル

投資を成功させるうえで必要不可欠なのが、十分な知識とスキルを身につけることです。そもそも不動産を購入するには購入費用だけでなく税金や保険料、仲介手数料など必要になる料金はさまざま。物件を決めるときには利回りやローン審査も考慮する必要があり、事前に調査・計画しておくべきことがたくさんあります。実は年収が400万円以上あるサラリーマンの方なら銀行の融資を利用し、少額の頭金で不動産を購入することも可能。事前にどれだけ知識があるかで、投資の進め方が違ってきます。安定した利益をあげるためにはどのような知識・スキルが必要なのか、スキルアップの方法も交えて詳しく説明していきます。

失敗率を下げる知識・スキル
について詳しく見る

Vol.4 鵜呑みにすると失敗を招く…不動産投資の「メリット」の光と影

一般的に不動産投資のイメージはミドルリスク・ミドルリターン。投資家の多くはサラリーマンで、老後資金やさらなる資産拡大など、安定的な基盤づくりのためにはじめています。メリットとしては安定した収入を得られること、少ない資金からはじめられることがあげられるでしょう。しかし、これらのメリットには把握しておかなければならない影の部分があります。メリットを鵜呑みにした初心者が投資に失敗してしまうのはこのため。どのような影があり、どのように対応していけば良いのかをお教えします。

不動産投資の「メリット」の光と影
について詳しく見る

Vol.5 失敗例に学ぶ。不動産投資のデメリットやリスク

投資失敗を避けるには、失敗事例に学ぶのが一番でしょう。どのようなリスクやデメリットがあるのかを事前に把握できていれば、対策を考えることができるためです。ここでは、代表的な失敗事例として「きちんと立地を考慮して購入したのに空き室が増えてしまったAさん」「超高利回り物件なのに思ったような収入が得られなかったBさん」「築の古い物件を購入した結果、クレーム対応に追われることになったCさん」の話をまとめました。それぞれの失敗はどのような対応で回避できるのかも解説しています。

不動産投資のデメリットやリスク
について詳しく見る

Vol.6 失敗を防ぐための、確実な不動産投資の流れ

人それぞれ最適な不動産投資の進め方は多少異なりますが、失敗を避けるために押さえるべき点がいくつかあります。投資成功を叶える不動産投資の流れをまとめたので、確認していきましょう。まず行なうのは自己資金と資金調達の準備。ここでのポイントはギリギリではなくある程度余裕を持って投資を進められる資金を備えておくことです。銀行から融資を受ければ自己資金が比較的少なくとも不動産を購入可能ですが、目先の費用だけ見ているとあとで資金繰りがうまくいかなくなるので注意が必要。不動産投資は知識と経験がものをいう部分があるので、その道のプロに相談しながら進めていくのが一番でしょう。

失敗を防ぐ不動産投資の流れ
について詳しく見る

当てはまったら注意!不動産投資に失敗する人はこんな人

事前の勉強不足

初心者で投資に失敗してしまう人の大きな特徴は、不動産投資についての知識が不足していること。本来不動産投資はリスクをきちんと把握し、適切な予算や物件を選ぶことで失敗率をほとんどゼロにすることが可能です。それでも失敗する人が多いのは、ミドルリスクという言葉に惹かれ勉強不足のまま投資を行なう人がいるためでしょう。業者任せにしていると悪徳業者に騙され不良物件を紹介される危険もあります。わからないことがあれば信頼できる不動産コンサルティングに相談し、基本的な知識はしっかり身につけておきましょう。計画を立てて投資を進めていくことで失敗を限りなくゼロに近づけられます。

事業経営スキルの必要性をわかっていない

不動産投資は株式やFXの投資とは大きく違い、事業経営の要素があります。投資を進める中で収益を最大化させるための施策を考えていく必要があり、このことを理解していないと途中でつまずいてしまうでしょう。安心した家賃収入を得るには入居者が必要で、快適な住環境を整えるための努力が欠かせません。だからといって収入に見合わないほどのお金をかけて家を改善すると利益につながらなくなってしまいます。所得に応じて税金もかかってくるので、調整が必要。初めてだと何から手をつければよいのかわからないケースも多いので、詳しい人に相談しながら進めるのが良いでしょう。

人脈を広げようとしない

投資にはどのようなリスクがあるのか、どうしたらうまく利益をあげられるのか、といった知識を把握しておくことは投資を成功させるうえで重要なこと。そのノウハウを得るため、すでに成功している人や知識のある不動産コンサルティングとのつながりを持つことが投資成功のカギとなります。しかし、大勢の不動産投資家とただつながりを持てばいいと言う訳ではないので注意してください。交流会に出て名刺を集めるだけでは人脈は広がりません。不動産投資で不安なことがあればこまめに相談するなど、密な交流を持つようにしましょう。

お金の使い方に計画性がない

不動産投資で失敗する原因のほとんどは資金のやりくりです。修繕費用がたくさんかかったり、所得が増えた分税金がかかって支出が増えてしまったり、投資をはじめてみると以外にも出ていくお金が多いことに気づくと思います。投資を行なう前は満室を想定して収入を考えてしまいがちですが、初めてだと理想通りにいかないこともたくさん。不足の事態に備えながら計画的にお金を使っていかないと、緊急事態にお金が払えず失敗してしまうのです。お金の管理に自信がない人は詳しい人に力を借りましょう。きちんと進めていけば1年で3,000万円以上の純資産を持つことは難しくありません。

何でも一人でやろうとする

一人で投資を進めるのは一つひとつの行動に責任を持つという点では利点ですが、反面、客観的な視点を持ったりモチベーションを保ったりするのが難しくなります。とくに不動産投資において「どのような物件を持ち」「どのような計画を立てる」のが最適かは人それぞれ。正解がなく、状況に応じた正確な判断が重要になります。初心者には難しい面もあるため、周囲に積極的に相談するようにしてください。人任せにせず自分の知識を増やす努力を重ねることも重要ですが、迷ったときやわからないことがあったときはプロの意見を聞くのがベストです。

サイト監修・松谷啓司氏
(株式会社ACE PLUS 代表取締役)
松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

一人ひとりの「幸せ」から
ベストな投資を逆算

「不動産革命で人々を幸せに」をモットーにしている松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)。某不動産会社の営業として売上トップの成績を残し続けてきた経歴の持ち主です。その背景には、顧客一人ひとりとそのご家族の「幸せ」とは何かを考え、それぞれの目的からオーダメイドの投資方法を逆算して提案する松谷氏の強い信念があります。当サイトでは、そんなカリスマ不動産投資家である松谷氏が、不確実性の時代と言われる現代において「失敗率を限りなく0%に近づける方法」を解説してくれました。