カリスマ不動産投資家が語る。失敗率を限りなく0%に近づけるためのサイト  >  不動産投資のエキスパートが語る、初心者のための失敗しない不動産投資講座  >  Vol.4 鵜呑みにすると失敗を招く…不動産投資の「メリット」の光と影

Vol.4 鵜呑みにすると失敗を招く…不動産投資の「メリット」の光と影

ミドルリスク・ミドルリターンの投資として、人気を集める不動産投資。「富裕層がするもの」というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、将来の年金代わりにと不動産投資を始めるサラリーマンもいます。しかし、人気を集める不動産投資でも、良いこと尽くしという訳ではありません。成功したい人こそ、不動産投資の「メリット」の光と影を知っておくべきです。ここで、不動産投資の光と影の実態を見ていきましょう。

不動産投資の「メリット」の光と影を探る

鵜呑みは禁物。不動産投資のメリットの正体

年金の代わりになる、相続税対策など不動産投資のメリットは実に様々。「これだけメリットがあるなら不動産投資を始めてみようか…」と思う方もいるのではないでしょうか?しかし、メリットを一見しただけで不動産投資を始めるのは少々早計かもしれません。メリットを鵜呑みにして不動産投資が失敗に終わる場合は数知れず。メリットの裏に潜む影を知り、不動産投資を成功に導きましょう。

不動産投資の「メリット」の光

 安定した収入を得られる

不動産投資では、自分の所有する不動産を人に貸すことで収入を得られます。通常物件を借りるときは1年、2年といった年単位で借りるケースが多く、さらに賃料は金額の上下が少ないため、投資する側は継続的かつ安定的に収入(賃料)を手にできるのです。

 私的年金代わり

不動産投資による家賃収入は不労所得の一種です。不労所得とは働かずに得られる収入のこと。不動産投資によって得られる不労所得は、老後の公的年金を補う私的年金の代わりとなります。

少ない資金から始められる

不動産は投資商品としては高額なもの。最低でも数百万円単位の大きな金額が動きます。しかし、不動産投資の場合、手元に投資用不動産を購入するだけの現金がなくてもローンを利用できるため、多額の資金がなくとも投資を開始できます。

不動産投資の「メリット」の影

安定した収入は入居者がいてこそ

安定した収入は物件を借りてくれる人がいてのもの。投資を始めた当初は満室であったとしても、満室の状態が永遠に続くわけではありません。入居者が退室してすぐ入居希望者が現れれば良いのですが、そうはいかないのが現実。空室が増えてしまった場合、投資の継続が厳しくなる可能性もあります。

ローンにつきまとう金利リスク

投資用不動産を購入するためにローンを利用した場合、忘れてはならないのが金利上昇リスク。変動金利で金利が上昇した場合、銀行に支払う利息が多くなり返済額が増大します。

メリットは光と影の表裏一体。光をつかむには?

ここまでで、不動産投資のメリットの裏には影があることが理解できたのではないでしょうか?しかし、ここで不動産投資に対して後ろ向きになる必要はありません。前もってメリットの影を理解しそれに向けて対策や計画を練れば、不動産投資を成功に導くことが可能です。空室リスクに対しては、その物件の過去の実績の確認や入居募集をよく行いましょう。もし万が一空室になってしまった場合は、失敗点を分析し、改善していくことが重要です。要するに不動産投資を成功させるには、影に対してしっかりと向き合うことが大切なのです。

サイト監修・松谷啓司氏
(株式会社ACE PLUS 代表取締役)
松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

一人ひとりの「幸せ」から
ベストな投資を逆算

「不動産革命で人々を幸せに」をモットーにしている松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)。某不動産会社の営業として売上トップの成績を残し続けてきた経歴の持ち主です。その背景には、顧客一人ひとりとそのご家族の「幸せ」とは何かを考え、それぞれの目的からオーダメイドの投資方法を逆算して提案する松谷氏の強い信念があります。当サイトでは、そんなカリスマ不動産投資家である松谷氏が、不確実性の時代と言われる現代において「失敗率を限りなく0%に近づける方法」を解説してくれました。