カリスマ不動産投資家が語る。失敗率を限りなく0%に近づけるためのサイト  >  戸建て投資の失敗率を限りなく0%にするには  >  戸建て投資のリスク・デメリット

戸建て投資のリスク・デメリット

投資物件には様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。戸建て住宅はアパートやマンションと異なり周囲に気を使う必要がなく需要が見込め、管理にも手間はかかりませんが当然デメリットもあります。ここでは、戸建て投資を考えている人に考慮に入れてほしいリスクやデメリットについて紹介します。

空室が収入にダイレクトヒット

空室リスクは不動産投資全般に関連するリスクですが、戸建て投資をしている人にとってはかなり致命的な問題です。1世帯のみの戸建てや区分マンション投資は居住者が0%か100%。空室が続けばその間家賃収入はなく、ローンを組んでいる場合はその返済に家賃を当てることができなくなります。区分マンションの場合は価格が手ごろなため複数の物件を所持することでリスクを低減させることができますが、戸建てで土地から購入となると都心部ではかなり高額に。もともと土地を持っていない人には、戸建て投資は効率の良い投資とは言えないかもしれません。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
空室リスクは不動産投資をする上で避けては通れない問題です。利便性の高い都心部では価格が周囲の相場と比較して高額すぎない限り入居者は見つかりやすいですが、物件を複数所持し空室リスクを減らすという対策は予算的にキビシイこともあります。土地を所有していない場合は無理をして複数所持するのではなく、自由度の高さを活かして想定する居住者を変えてみるなど他物件との差別化に力を入れてみるのもいいかもしれません。

投資の拡大に時間がかかる

アパートやマンションは一度に複数世帯からの家賃収入を得られるため、ある程度まとまった収入を得ることができます。一方、戸建て住宅でアパートやマンションと同規模の利益を得ようとするとかなりの数の物件を保有しなくてはなりません。都心部へ出なければ複数戸数を持つことは可能ですが、購入するたびにアパートやマンションなら一度で済む手続きが毎回必要です。さらに都心部では土地代が高額なため、複数戸を所持すること自体が難しく、いずれにしてもなかなか次の投資に進みづらい投資形態です。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
戸建て投資で大きな利回りを得ている人の中にはもともと土地を所有している人も多くいます。持っている土地を有効活用するには戸建て投資は非常に有用な手段ですが、土地から購入しようとすると、他の不動産投資より利率が悪いかもしれません。しかし、戸建て投資は土地も手に入るためゆっくりと着実に拡大していけばリスクを分散しながら資産を増やし、将来の運用可能性を増やすことができる有効な手段です。

リフォーム費用が高額

戸建て住宅は、利用者に長期間住んでもらえるというメリットがありますが、裏を返すと退去後の汚れや生活の痕跡が残りやすく、リフォーム費用が高額になる可能性が高まります。入居期間が長くなるとリフォーム費用の入居者負担の割合は低下して管理者の負担が高まるため、それなりの費用を想定しておく必要があります。また、予算内で次の入居者が心地よく生活できるようにリフォームするにはある程度知識が必要です。どこをどのようにリフォームすればいいのか判断に迷うことも。その場合はリフォームの希望を伝えたうえで業者に意見を求めるのも有効です。複数の業者に見積もりを取ることで、費用を抑えられる可能性もあります。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
中古で購入する戸建て物件などは、事前の下調べが重要です。建物全体が老朽化し基礎から傷んでいるとリフォーム費用は高額になりがち。この事前調査をしっかりと行わなければ資金計画に大きなズレが生じることも…。購入時に物件の状態や周辺の治安などをよく吟味し、リスクを低減することが何よりも重要です。

サイト監修・松谷啓司氏
(株式会社ACE PLUS 代表取締役)
松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

一人ひとりの「幸せ」から
ベストな投資を逆算

「不動産革命で人々を幸せに」をモットーにしている松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)。某不動産会社の営業として売上トップの成績を残し続けてきた経歴の持ち主です。その背景には、顧客一人ひとりとそのご家族の「幸せ」とは何かを考え、それぞれの目的からオーダメイドの投資方法を逆算して提案する松谷氏の強い信念があります。当サイトでは、そんなカリスマ不動産投資家である松谷氏が、不確実性の時代と言われる現代において「失敗率を限りなく0%に近づける方法」を解説してくれました。