カリスマ不動産投資家が語る。失敗率を限りなく0%に近づけるためのサイト  >  一棟マンション投資の失敗率を限りなく0%にするには  >  一棟マンション投資のリスク・デメリット

一棟マンション投資のリスク・デメリット

投資物件には様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。それぞれよく知ったうえで自分に合う投資スタイルと総合的に判断することが大切です。一棟マンションを購入する場合にももちろんデメリットが存在します。このページでは一棟マンションの購入を検討している人に知っていてほしいデメリットを紹介しています。

投資金額が高い

区分マンションと比較したときに挙げられるデメリットです。区分マンションは数百万から投資できますが、一棟マンションは数千万円から数億円単位と費用がかなり高額です。初期投資が大きいため回収できるか不安になることも。ローンを組む場合、月々の返済額が大きく金利の総額も高くなります。しかし、土地の所有権が持てるため建物が老朽化しても資産価値が落ちにくく自由に運用できるため将来の選択肢が増えます。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
一棟マンションのデメリットはやはり投資金額が大きいことです。そのため、不動産投資が初めての方にはどうしてもリスクが大きいと感じるかもしれません。しかし、一棟マンションは長い目で見ると大きな収益をあげられることも事実です。その土地の将来性をしっかり見極めることができ、資金計画に余裕のある方にとっては絶好の投資スタイルでしょう。

リスク分散が難しい

住民が増えると、近隣トラブルや事件、事故などが起こるリスクが増えます。トラブルによる死傷者が出たり、自殺者が出ると、棟内の部屋全体の人気が落ちてしまう可能性もあります。また、自然災害が起こらないとも限りません。一棟マンションは、火災や地震などが起こると建物全体に被害が及び一人で大きな被害を背負うことになるというデメリットがあります。また、区分マンションと異なり、日々のメンテナンスや大規模な工事まですべて一人で行う必要があり、無理のない資金計画と日ごろからのリスク管理が重要です。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
一棟マンションの最も大きなデメリットがこのリスク分散の問題です。あえて一棟マンションではなく区分マンションを複数持つことで、このリスクに対応している投資家もいます。このリスクに備えるには月々の負担が少々増しても火災保険や地震保険にしっかりと加入することが大切です。特にフルローンで物件を購入した場合、家賃収入がなくなっても月々の支払だけが残るという最悪の事態も起こりえます。投資は無理なく自分に合うスタイルで行うことが何よりも重要なのです。

空室・家賃滞納

どの不動産に投資するにも空室リスクは収入に直結する重大なリスクです。物件選びの際に周辺情報を細かく集めて需要の高いエリアを選ぶなど対策が必要です。さらにマンションがある程度の規模になると家賃滞納リスクが高まります。マンション購入にローンを組む場合、空室や家賃滞納は月々の支払いにかなり重くのしかかります。特に、家賃滞納は次の居住者を募集することができず、「滞納者がいる」といううわさでマンション全体の評判を下げてしまう可能性も。家賃滞納が発生したら速やかに管理会社に連絡し早期に解決するようにしましょう。

松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

不動産投資のエキスパート・松谷氏の見解は…
家賃滞納は早期に対処しなければ非常に難しい問題です。家賃を滞納していてもすぐに退去させることができず、一定期間の猶予と個人間での交渉が必要です。それでも滞納がつづく場合、初めて法的に対処できます。交渉がうまくいかない場合、弁護士などに相談し、滞納者に事の重大性を認識させることも有効でしょう。

サイト監修・松谷啓司氏
(株式会社ACE PLUS 代表取締役)
松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

一人ひとりの「幸せ」から
ベストな投資を逆算

「不動産革命で人々を幸せに」をモットーにしている松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)。某不動産会社の営業として売上トップの成績を残し続けてきた経歴の持ち主です。その背景には、顧客一人ひとりとそのご家族の「幸せ」とは何かを考え、それぞれの目的からオーダメイドの投資方法を逆算して提案する松谷氏の強い信念があります。当サイトでは、そんなカリスマ不動産投資家である松谷氏が、不確実性の時代と言われる現代において「失敗率を限りなく0%に近づける方法」を解説してくれました。