カリスマ不動産投資家が語る。失敗率を限りなく0%に近づけるためのサイト  >  一棟マンション投資の失敗率を限りなく0%にするには  >  一棟マンション投資で大切になる自己資金とは?

一棟マンション投資で大切になる自己資金とは?

最近では、頭金や自己資金0円で不動産投資を始められる物件も増えてきました。しかし、自己資金なしで不動産投資を始めてしまうと、後々悲しい現実に直面する可能性があります。ここでは自己資金が必要な理由や目標金額についてまとめてみました。不動産投資で失敗したくない方は参考にしてください。

自己資金が必要な理由

融資が通りやすくなる

どの金融資機関でも、融資時の審査時に資産背景をすべてチェックします。担保に取れる不動産の有無、株や証券といった資産、預金額などのあらゆる面を確認したうえで融資を決定。このような資産を多く持っていれば、銀行にとっても回収時に対応しやすくなります。つまり、担保となる資産を多く持っていれば、審査が通りやすくなるのです。

これから不動産投資を始める方で、金融機関からの融資を検討しているのであれば、まとまった資金を用意してください。資金を多く確保しておくことで、金融機関からの信頼度が上がり、融資上限金額が高くなる可能性もあります。

リスクを減らせえる

不動産投資の魅力の一つに、レバレッジ効果による「少ない資金で投資を始められる」というメリットがあります。

場合によっては、数千万円から億単位のマンション購入費用の頭金がなくても、投資を始めることができるのです。その場合、銀行から借り入れした金額を、毎月の家賃収入から返済していくキャッシュフローになります。

しかし、頭金や自己資金なしで物件を購入するのは大きなリスクを招くことに…。空室や家賃滞納が起こった場合、支払いが滞ってしまう可能性があります。マンションの修繕費用や金利の変動による返済額の上昇や資産価値の低下、入居者の家賃を下げざるをえない状況など、予期せぬ支出や収入の減少が発生した場合に、対応できなくなります。急な出費を加味したうえでマンション投資を始めるのであれば、資金に余裕を持って運用するのがベスト。できるだけ自己資金を貯めたうえで不動産投資を始めてくださいね。

自己資金はどの程度必要?

一般的に、融資が受けやすい自己資金の目安は、「物件価格の20%」といわれています。1千万円の物件を購入するのであれば、200万円は最低でも確保しておきたいものです。ただ融資を受けられても、運用となると急な出費の際に対処が難しくなるため、目標資金額は余裕を持って300万円ほど用意しておくのが良いでしょう。

自己資金の調達方法

金融機関選びのコツ

不動産投資で借入を行う際、融資が通りやすいのは地方銀行・信用金庫、日本政策金融公庫といわれてます。銀行は、審査が厳しいですが金利は低く、信用金庫は銀行ほど審査が厳しくありませんが金利は少し高いところが多いようです。このように金融機関によって少し内容が異なるため、自分に合った借り入れ方法を選ぶことが大切。専門的知識が必要になってくる場合もあります。

専門家にアドバイスを求めるのがベスト

金融機関から借り入れを行う際、初めて不動産投資を行う方は審査が通りにくく、融資が受けられないこともあります。自己資金を用意していても、金融機関側からすれば「不動産投資初心者」という目で見られて断られることも。自分で複数の金融機関を周って融資依頼を出すのもいいですが、不動産投資の専門家にアドバイスを求めるのが最も効率的です。

不動産関連のアドバイスにとどまらず、専門家に金融機関を紹介してもらえるほうが融資を受けやすくなります。資金面での問題や今後のシミュレーションについてもしっかりアドバイスをしてくれるでしょう。物件選びやキャッシュフロー、税務関係の処理など、不動産投資を始める方は覚えることが山ほどあります。分からないまま進める前に、専門家のアドバイスを受けたほうが失敗のリスクを抑えながら不動産投資を始められるでしょう。中には、無理やり契約をとろうとする不動産投資会社もいます。多くの専門家と話したうえで、自分の意見をしっかり聞いてくる不動産会社や担当の方を選ぶようにしてください。

サイト監修・松谷啓司氏
(株式会社ACE PLUS 代表取締役)
松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)

一人ひとりの「幸せ」から
ベストな投資を逆算

「不動産革命で人々を幸せに」をモットーにしている松谷啓司氏(株式会社ACE PLUS 代表取締役)。某不動産会社の営業として売上トップの成績を残し続けてきた経歴の持ち主です。その背景には、顧客一人ひとりとそのご家族の「幸せ」とは何かを考え、それぞれの目的からオーダメイドの投資方法を逆算して提案する松谷氏の強い信念があります。当サイトでは、そんなカリスマ不動産投資家である松谷氏が、不確実性の時代と言われる現代において「失敗率を限りなく0%に近づける方法」を解説してくれました。